ロシアNIS経済速報(2021年)

No.1847 1月15日号 コロナ禍と改憲を経たロシアの行方
No.1848 1月25日号 2020年のロシアの乗用車販売動向
No.1849 2月5日号 2020年の日ロ貿易(速報値)
No.1850 2月15日号 2020年のロシア経済と鉱工業生産
No.1851 2月25日号 2020年のロシアの貿易
No.1852 3月5日号 2020年の日本の対NIS主要国貿易統計(速報値)
No.1853 3月15日号 最新のロシア地域総生産
No.1854 3月25日号 ロシア・ハバロフスク地方ITセミナー
No.1855 4月5日号 トムスクAIピッチデイ開催
No.1856 4月15日号 2020年のロシア・NIS諸国の経済(上)
No.1857 4月25日号 2020年のロシア・NIS諸国の経済(下)
No.1858 5月15日号 地域と国民支援に特化した2021年のプーチン教書
No.1859 5月25日号 ロシアのビジネス界とコロナワクチン接種
No.1860 6月5日号 日ロ極東医療協力フォーラム
No.1861 6月15日号 サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム
No.1862 6月25日号 米ロ首脳会談の結果とそれをめぐる論調
No.1863 7月5日号 2020年のロシアの外国直接投資受入動向
No.1864 7月15日号 2021年1〜6月のロシアの乗用車販売動向
No.1865 7月25日号 ロシア地域の産業政策ランキング
No.1866 8月5日号 2021年上半期の日ロ貿易
No.1867 8月25日号 2021年上半期のロシア経済と鉱工業生産
No.1868 9月5日号 ロシア・サマラ州貿易投資セミナー
No.1869 9月15日号 第6回東方経済フォーラム「日露ビジネスセッション」開催
No.1870 9月25日号 ロシア下院選・地方選の結果速報
No.1871 10月5日号 ロシア・モスクワ州貿易投資セミナー
No.1872 10月15日号 2021年版ロシア50大外資系企業

No.1847 2021年1月15日号

コロナ禍と改憲を経たロシアの行方

ロシアNIS経済研究所
所長 服部 倫卓

はじめに
 世界中が新型コロナウイルスのパンデミックに揺れた2020年が去り、コロナ危機を抱えたままではあるが、新たな2021年を迎えた。本稿では年頭に当たって、甚だ雑駁とはなるが、図表なども用いながら2020年のロシアを回顧するとともに、2021年以降の展望を論じてみたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2020年1〜11月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎2020年1〜11月の日ロ貿易
◎キルギス元首相、大統領に当選
ロシア・リャザン州貿易投資セミナー開催のご案内
◎日露エネルギー・環境対話イン新潟開催
◎ホテルオークラ、ロシア初の日系ホテル開業へ
◎ロシア極東でマイクログリッド実証運転開始
◎JCB、ウズプロムストロイバンクと提携
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1848 2021年1月25日号

2020年のロシアの乗用車販売動向

はじめに
 『経済速報』では、欧州ビジネス協会(AEB)が毎月発表しているロシアの乗用車販売データを抜粋して「統計速報」のコーナーで定期的に紹介している。そのAEBが2021年1月14日に2020年通年のロシアの乗用車販売データを発表したので、今回の速報では通常よりも図表を拡充してAEB発表のロシア乗用車販売データをご紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
『ロシアNIS調査月報』2021年2月号のご紹介
◎カザフスタンで下院議長・首相再任
◎日本・中央アジア投資環境整備ネットワーク・リニューアルのお知らせ
「中央アジア・バーチャルEXPO(CAVEX)開催のお知らせ
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1849 2021年2月5日号

2020年の日ロ貿易(速報値)

はじめに
 日本財務省から2020年の貿易統計が発表されたことを受け、当会では2020年1〜12月の日本 とロシアのあいだの貿易に関して、米ドル換算するとともに、輸出入商品構成をまとめた。そこで、今 回の速報では、早速この資料をお届けする。なお、今回紹介する2020年のデータはすべて速報値 であり、確定値は『ロシアNIS調査月報』2021年5月号に掲載する予定である。また、ロシア以外の NIS諸国との2020年の貿易額速報値を今号の統計速報のコーナーに掲載しているので、合わせて ご参照いただきたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2020年の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績(速報値)
「中央アジア・バーチャルEXPO(CAVEX)」特設サイト公開
◎HondaJet、ロシアで初号機の運用開始
◎SBI、第三者割当を増資
◎成田〜アゼルバイジャン間で貨物便
◎日・ジョージア投資協定および租税条約署名
◎ロシアコスメブランド期間限定ショップ登場


No.1850 2021年2月15日号

2020年のロシア経済と鉱工業生産

はじめに
  ロシア連邦国家統計局より、2020年のロシアの主要経済指標が発表されたので、本速報ではそれらを図表にまとめてお届けする。鉱工業生産については特に詳しく紹介していく。なお、2020年のロシアの貿易統計に関しては、税関局のデータに基づき、後日より詳しくお伝えする予定である。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1月のロシアのブランド別乗用車販売台数
ロシア・中央アジア連続ウェビナー開催のお知らせ
◎日揮、カザフスタンでガス分離プラントを設計
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1851 2021年2月25日号

2020年のロシアの貿易

はじめに
 2020年のロシア貿易統計の概況が発表されたので、今号ではこれを図表にまとめてお届けする。なお、2020年のロシアの貿易統計については後日、『ロシアNIS調査月報』でより詳細に報告する予定である。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
『ロシアNIS調査月報』2021年3月号のご紹介
◎キルギスでマリポフ新内閣発足
トムスクAIピッチデイ開催
日本水素技術ウェビナー開催
「ロシア・ハバロフスク地方ITセミナー」開催
◎ウズベキスタンでノーコード開発エンジン拠点を新設
◎カザフスタンでデジタルインフラ・サービス業に投資
◎JAL、羽田〜モスクワ線を定期便へ
◎舞鶴市、ウズベキスタンと覚書


No.1852 2021年3月5日号

2020年の日本の対NIS主要国貿易統計(速報値)

はじめに
 本誌、2021年2月5日号で2020年の日本とロシアの貿易の速報値をお伝えした。今号では、同じく日本財務省発表の貿易統計に基づく2020年の日本とNIS諸国との貿易の速報値をご紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎2021年1月の日ロ貿易
ジェトロがスコルコヴォとのロシア初のスタートアップを紹介
◎住友化学、タタルスタンで技術ライセンス供与
◎川崎重工、ウズベキスタンでタービン実証運転開始
◎神戸製鋼子会社、ロシアで還元鉄プラント受注
◎日本でロシア商品フェアスタート
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1853 2021年3月15日号

最新のロシア地域総生産

はじめに
 ロシア連邦国家統計局は先日、2019年のロシアの地域総生産の統計を発表した。地域総生産は国内総生産(GDP)を地域別(州などのレベル)にブレークダウンしたものだが、GDPよりも発表が遅いので、このほどようやく2019年の数字が発表されたというわけである。そこで今回の速報では、この最新データを表にまとめてご紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜2月のロシアのブランド別乗用車販売台数
◎ジョージアで元最年少首相が返り咲き
◎KDDI、モンゴルで5Gの相互接続実証を開始
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1854 2021年3月25日号

ロシア・ハバロフスク地方ITセミナー

はじめに
 3月12日(木)、ロシアNIS貿易会では、オンラインイベント「ロシア・ハバロフスク地方ITセミナー」を開催し、日ロ双方から60名がこれに参加した。当会では、2020年12月7日に「ハバロフスク地方貿易投資プレゼンテーション」を実施したが、同イベントの終了後、ハバロフスク地方政府から続いて同地方のIT関連企業の活動を紹介したいとの提案を受けた。周知のとおり、デジタル・IT分野は、日ロ間の優先的な協力分野のひとつであり、当会としてもこの提案を歓迎し、今回の開催に至った。今回のITセミナーでは、ハバロフスク地方のIT及びクリエイティブ産業の7つの企業がプレゼンを行い、それに対し、日本側から専門家である大坪雄介氏(UFJロシア・ファンド・ジェネラルマネージャー)が総括コメントを行った。本号ではその要旨をご紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
『ロシアNIS調査月報』2021年4月号のご紹介
◎JALと極東連邦大学が連携協定締結
◎プライメタルズ、ダウンコイラーをウクライナに納入
◎沖縄企業、極東ロシアのソフトウェア開発会社と業務提携
◎カザフスタンのスタートアップと連携
◎日揮、モンゴルで太陽光発電設備を受注
◎商船三井のロシア国代表が設置される
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1855 2021年4月5日号

トムスクAIピッチデイ開催

はじめに
 2021年3月2日、ロシアNIS貿易会ではオンラインイベント「トムスクAIピッチデイ」を開催した。トムスク市はシベリア西部に位置する人口約60万人の都市だ。トムスクと日本の時差は2時間で、仮に現地企業と協業することになれば、アジア拠点の企業と同様の時間感覚でやり取りできることが魅力だ。本イベントでは、トムスクから公募にて選定された6団体が登壇し、AI技術やITサービス、大学のプロジェクト等の紹介を行った。本イベントにはトムスク州政府関係者含め、日露双方で約60名が参加した。本号では、その報告要旨をご紹介することとしたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜2月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎2021年1〜2月の日ロ貿易
◎ウクライナをコロナ変異株流行国に指定
◎ウズベキスタンにコロナ対応の円借款
◎シベリア鉄道日欧間貨物輸送で輸送時間短縮
◎JALがモスクワ便の運航予定を発表
◎OPECプラスが増産で合意
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1856 2021年4月15日号

2020年のロシア・NIS諸国の経済(上)

はじめに
 『経済速報』では毎年この時期、前年のロシア・NIS諸国(旧ソ連の新独立諸国)の経済統計を紹介し、各国の最新の経済動向について論評するという企画をお届けしている。本年も2020年のデータがほぼ出揃ったので、早速それを試みたい。なお、モンゴルは一般的にはNISの範疇に入らないが、本レポートの対象に加えている。
 まず今号では、全13カ国の主要経済指標を図表にまとめて掲載するとともに、ロシア・NIS全般、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバについての解説をお届けする。中央アジア諸国(カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン)、南コーカサス諸国(アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア)、モンゴルのレビューは次号で扱う予定である。各国レビューの執筆は当会ロシアNIS経済研究所のスタッフによるものであるが、ロシアについては本年も北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターの田畑伸一郎教授にご寄稿いただいた。 。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜3月のロシアのブランド別乗用車販売動向
◎駐日ウズベキスタン大使が外務次官に就任
◎トルクメニスタン大統領長男、日本担当副首相に就任
◎トルクメニスタンで初の上院選挙実施
◎日ロサケ・マス漁業交渉で合意
◎キルギス、大統領主導の政治体制へ回帰
◎三菱パワーがウズベキスタン向けガスタービン受注
◎日・ウクライナ首脳電話会談
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1857 2021年4月25日号

2020年のロシア・NIS諸国の経済(下)

はじめに
 前回に引き続き、CIS統計委員会および各国統計局発表のデータ等に基づき、2020年の経済実績を中心にNIS諸国の最新の経済情勢についてのレビューを行う。
 前回は、全13カ国の主要経済指標を表にまとめて掲載するとともに、ロシア・NIS全般、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバについての解説をお届けした。今号では中央アジア諸国(カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン)、南コーカサス諸国(アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア)、モンゴルを扱う。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
『ロシアNIS調査月報』2021年5月号のご紹介
◎プーチン大統領、教書演説で追加支援発表
◎駐日ウズベキスタン大使が外務次官に就任
◎IKEAがロシアの太陽光発電に投資
◎NEXI、アゼルバイジャン経済省と覚書
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1858 2021年5月15日号

地域と国民支援に特化した2021年のプーチン教書

はじめに
 2021年4月21日、プーチン大統領は国際展示会場「マネージ」において、自身としては17回目となる教書演説を行った。ここ数年、1〜3月に行われてきた教書演説だが、今回は異例の4月に実施と大幅に遅れて開催となった。コロナ禍にもかかわらず、大統領府や政府の代表、上下院議員、地域首長、司法関係者、その他の社会・経済団体代表などが一堂に会する会合となった。会場には登録に際して3回ものPCR検査陰性証明書が必要とされたメディア関係者も約430人が集まった。1時間18分に及んだ演説の大半は、コロナ対策に関わる個人、企業および地域への追加の給付や支援についての言及であった。また演説の終盤では短時間ながら対外政策や国家安全保障についての発言もあった。そこで本号では、教書演説の中で言及された追加支援措置や対外政策など、概要についてご紹介することにしたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜3月の日本の対ロシア・諸国輸出入通関実績
◎2021年1〜3月の日ロ貿易
◎キルギスで新憲法発効に伴い内閣改編
日ロ極東医療協力フォーラム開催のご案内
月例報告会「日ロビジネス成功への挑戦」のご案内
◎東海運、ロシア・トランスコンテナと覚書
◎アルメニア首相が辞意を表明
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1859 2021年5月25日号

ロシアのビジネス界とコロナワクチン接種

はじめに
 ロシアにおいて初期の感染者となったのは、主に外国との交流がさかんなハイレベルの国家官僚や実業家たちであった。パンデミックが始まった2020年3〜4月に、ヴェードモスチ紙がさかんに掲載していたのが、早期に罹患したビジネスマンたちの闘病記である 。語られていたのは、この病気がどのような経過をたどるか、COVID-19の兆候や治療法はどんなものかということであった。  2020年8月に連邦検査医学委員会のアレクサンドル・ソロヴィヨフ議長が明言したところによれば、ロシアにおける新型コロナウイルス感染の第1波は、その大部分が、欧州諸国の高級スキーリゾートで休暇を過ごした富裕層のロシア人たちがもたらしたものだという。  このことからだけでもわかるように、グローバルに活動するビジネスマンたちにとって、ワクチン接種の問題は、交流範囲が国際的とはほど遠い一般の人々にとってよりも切実なものとなっている。そこで本稿ではロシアのビジネス界とワクチンの関係について紹介することにしたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜4月のロシアのブランド別乗用車販売台数
『ロシアNIS調査月報』2021年6月号のご紹介
SPIEF「日露ビジネス対話」開催のご案内
◎菅総理、中央アジア諸国首脳と電話会談
◎サハリン〜成田便を再開
◎ロシアの第1四半期GDP1.0%減
◎東電設計、アゼルバイジャンで再エネ計画
◎博報堂がロシアのクリエイティブ企業を連結子会社化


No.1860 2021年6月5日号

日ロ極東医療協力フォーラム

はじめに
 2021年5月26日(水)、ロシアNIS貿易会では、ロシア沿海地方政府と共同でオンラインイベント「日ロ極東医療協力フォーラム:日ロ間の医療ネットワーク構築に向けて」を開催した(日本医療機器産業連合会、日露医学医療交流コンソーシアムにいがた、環日本海経済研究所が後援)。本フォーラムには、日ロ双方から約160名(日本側から約90名、ロシア側から約70名)が参加、ロシア側からは沿海地方、ハバロフスク地方の他、サハリン州、アムール州、サハ共和国など極東連邦管区の多くの地域から医師、大学、行政関係者が視聴した。本フォーラムでは、現在、ロシア極東地域において日ロ共同で取り組んでいる医療事業の事例やロシア極東の地域行政や大学間での協力の取り組みの紹介を行った。本号では、その報告要旨をご紹介することとしたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜3月のロシア経済と鉱工業生産
◎2021年1〜4月の日本の対ロシア・諸国輸出入通関実績
◎2021年1〜4月の日ロ貿易
◎エシムベコフ新駐日カザフスタン大使就任
◎ロシア向け航空便新配送サービス導入
◎OPECプラス、7月まで減産緩和維持
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1861 2021年6月15日号

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムー「日露ビジネス対話」を再開ー

はじめに
 昨年コロナ禍により中止となったサンクトペテルブルグ国際経済フォーラム(略称SPIEF)が、2021年6月2〜5日に2年ぶりに開催された。日本関連の行事では、6月5日(土)に「日露ビジネス対話」が開催された。新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、今回の日露ビジネス対話は、ロシア側はサンクトペテルブルグのフォーラム会場で通常どおりに参加し、日本側発言者は東京の会場に集まって、サンクトペテルブルグと東京の会場をオンラインで結ぶというハイブリッド形式で行われた。本号では、「日露ビジネス対話」の概要を報告する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜5月のロシアのブランド別乗用車販売台数
月例報告会「ペテルブルグ国際経済フォーラムと日露対話」のご案内
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1862 2021年6月25日号

米ロ首脳会談の結果とそれをめぐる論調

はじめに
 2021年6月16日、スイス・ジュネーヴにて、プーチン・ロシア大統領とバイデン米国大統領による初の首脳会談が開催された。今年3月のインタビュー時にバイデンが、プーチンを「殺人者」とみなす考えを肯定、これを端緒として双方の大使を自国に呼び戻す事態が発生するなど、米ロ関係は「冷戦後最悪」の状況とも形容され、今回の米ロ首脳会談は世界中が注目する中で行われた。本稿では、ロシアメディアで報道されている、ロシアおよび諸外国の専門家の意見や要人発言などを紹介し、米ロ首脳会談についてのロシア専門家・有識者の論調を提示したい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
『ロシアNIS調査月報』2021年7月号のご紹介
◎ロシア料理店が看板メニューをレトルト販売
◎アルメニア議会選挙で与党勝利
◎アシハバードは世界で最も生計費の高い都市
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1863 2021年7月5日号

2020年のロシアの外国直接投資受入動向

はじめに
 2021年5月末から6月初めにかけて、ロシア中央銀行がロシアの外国投資(外国直接投資=FDI)の最新データを発表したので、本稿では抜粋してご紹介する。かつてロシアでは、連邦統計局が外国投資に関するデータを発表していた。しかし、統計局による発表は2013年分のデータまでで打ち切られ、現在は中央銀行に一本化されている。なお、ロシアによるウクライナ領クリミアの併合は国際的に承認されていないが、中央銀行のデータにはクリミア共和国およびセヴァストポリ市のデータも含まれている。そこで、以下では参考までに両地域のデータについても掲載している。しかし、当然のことながら、ロシアによるクリミア併合を是認するものではない。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜5月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎2021年1〜5月の日ロ貿易
「カザフスタン・スタートアップ・ピッチデイ」開催のご案内
◎日・ジョージア投資協定発効
◎モンゴルの空港を日本企業が運営開始
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1864 2021年7月15日号

2021年1〜6月のロシアの乗用車販売動向

はじめに
 『経済速報』では、欧州ビジネス協会(AEB)が毎月発表しているロシアの乗用車販売データを抜粋のうえ、「統計速報」のコーナーで定期的に紹介している。今月はAEBより、2021年上半期(1〜6月期)の乗用車販売データが発表された。節目のデータであることを踏まえ、本号では通常よりも図表を拡充した形で紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎ウズベキスタンの新駐日大使就任
◎JOGMEC、ロシア産アンモニア供給で第2回調査
◎ロシアEEZにおけるサケ・マス過去最多水揚げ
◎モルドバ議会選挙で大統領支持政党勝利
◎北方領土ビザなし渡航、8月も中止
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1865 2021年7月25日号

ロシア地域の産業政策ランキング

はじめに
 2021年7月5〜8日にかけて、ロシア・ウラルの中心都市、スヴェルドロフスク州エカテリンブルグで第11回国際産業見本市イノプロムが開催された。その中で、イノプロムを主宰するロシア産業・商業省は産業政策を効率的に実施している地域のランキングを発表した。以下では、総合ランキングおよび各部門別のランキングを表形式で紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
『ロシアNIS調査月報』2021年8月号のご紹介
◎ロシア副首相が連邦管区を管轄
「ロシア・カザフスタンにおける脱炭素社会に向けた取組」開催
◎OPECプラス、協調減産延長へ
◎西部ガスがロシア産LNGを初調達
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1866 2021年8月5日号

2021年上半期の日ロ貿易

はじめに
 日本財務省から2021年1〜6月期の貿易統計が発表されたことを受け、当会では1〜6月の日本とロシアとの貿易に関し、輸出入商品構成をまとめたので、早速ご紹介する。なお注意点として、本資料では財務省発表の円表示の貿易統計を独自にドル換算して示している。図表1、3、5が月毎の為替レートで換算した数値を積み上げたものであるのに対し、図表2、4は1〜6月の平均レートで単純に換算したものである。したがって両者は総額が微妙に異なっているので、ご注意されたい。

 その他の記事
◎2021年1〜6月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
「Beauty Fair Japan 2021 *Hybrid」 参加企業募集のご案内
◎パシニャン・アルメニア首相再任
◎択捉島にミシュスチン首相初訪問
◎ダイキン工業、ロシア発スタートアップ企業へ出資
◎北極海LNGプロジェクトの協調融資決定へ
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1867 2021年8月25日号

2021年上半期のロシア経済と鉱工業生産

はじめに
  ロシア連邦国家統計局より2021年上半期のロシアの主要経済指標が発表されたので、鉱工業生産を中心にそれらを図表にまとめて紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜7月のロシアの乗用車販売動向
『ロシアNIS調査月報』2021年9-10月号のご紹介
◎モルドバ新政府誕生
東方経済フォーラム「日露ビジネスセッション」の開催
◎S7航空、新LCC設立へ
◎ロシア初のLNG燃料供給船、ガスプロムネフチにより完工
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1868 2021年9月5日号

ロシア・サマラ州貿易投資セミナー

はじめに
  2021年8月24日(火)、ロシアNIS貿易会では、サマラ州政府と共同でオンラインイベント「ロシア・サマラ州貿易投資セミナー」を開催した(在日ロシア連邦通商代表部が後援)。本セミナーでは、サマラ州政府による同州の経済・投資環境の説明、サマラ州の企業や同州に進出している複数の外資系企業の報告及び、外資系企業との協力や外資プロジェクトのベストプラクティスの紹介が行われた。本号では、その報告要旨をご紹介することとしたい。

 その他の記事
◎2021年1〜7月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎2021年1〜7月の日ロ貿易
◎日本外務省が対ロシア関連予算を減額
◎経済産業省がロシアと脱炭素化分野で共同声明
◎国際協力銀行とNOVATEKが戦略的協定締結
◎商船三井が浮体式LNG貯蔵設備案件に参画
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1869 2021年9月15日号

第6回東方経済フォーラム「日露ビジネスセッション」開催

はじめに
  2020年にはコロナ禍のため中止となった東方経済フォーラム(略称EEF)が、9月2〜4日に2年ぶりに開催された。日本関連の行事では、9月3日(金)に「日露ビジネスセッション」が開催された。新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、今回の日露ビジネスセッションは、ロシア側はウラジオストクのフォーラム会場で通常どおりに参加し、日本側発言者は東京の会場に集まって、ウラジオストクと東京の会場をオンラインで結ぶというハイブリッド形式で行われた。本号では、「日露ビジネスセッション」の概要を報告する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年上半期のロシアの貿易
◎2021年1〜8月のロシアのブランド別乗用車販売台数
◎ロシア非常事態大臣が事故死
ロシア・モスクワ州貿易投資セミナーのご案内
ROTOBO月例報告会「世界を変えるロシア・スタートアップを味方にする」のご案内
◎丸紅と商船三井がメタノール輸送でロシアと協力
◎料材開発がPETプリフォームをロシアから購入
◎三菱商事とサハリン州政府が水素分野で協力
◎日揮がグリーン水素構想支援
◎経済産業省とガスプロムが協力合意
◎ガスプロムがノルドストリーム2を完工
◎商船三井がNOVATEKとLNG船の定期傭船契約
◎NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1870 2021年9月25日号

ロシア下院選・地方選の結果速報

はじめに
  2021年9月17日から19日にかけて、ロシアで連邦下院選挙が行われた。本号では、主要な選挙の結果速報と、それに対するロシアの政治家、政治評論家による評価について、主に現地報道からの抜粋を中心にお伝えする。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎経済産業省とロスネフチがカーボンマネジメントで協力
◎ルクオイルとガスプロムネフチが合弁会社設立
◎ルスギドロが北コーカサスで発電所新設
◎ウクライナが財閥弱体化の法案可決
◎茂木外相とラブロフ外相がNYで会談
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1871 2021年10月5日号

ロシア・モスクワ州貿易投資セミナー

はじめに
  9月22日(水)、ロシアNIS貿易会はモスクワ州政府の協力のもと「ロシア・モスクワ州貿易投資セミナー」を実施した。ガンツォフ・モスクワ州投資・産業・科学省次官が州の投資環境およびビジネス支援制度に関する説明を行ったほか、日系アークレイ社を含む外資3社が域内で展開する事業について発表した。本号ではその報告概要をお届けしたい。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜8月の日本の対ロシア・NIS諸国輸出入通関実績
◎2021年1〜8月の日ロ貿易
◎ロシアとハンガリーが天然ガス供給契約
◎エクソンモービル子会社がサハリン1に投資
◎サハリン2の炭素中立LNGを日本に供給
◎日本郵船がロシア企業とLNG船4隻の傭船契約
◎日新がロシア鉄道ロジスティクスとMOC締結
◎サアカシヴィリ・ジョージア元大統領逮捕
◎ロシア・NIS諸国の新型コロナウイルス関連ニュース


No.1872 2021年10月15日号

2021年版ロシア50大外資系企業

はじめに
  先日、ロシア版『Forbes』のサイトに、2021年版のロシアにおける外資系企業売上高ランキングが掲載された。2020年の売上高にもとづき、上位50社が掲載されている。そこで本号では、ランキングを一覧表にまとめて紹介する。

 その他の記事
◎新型コロナウイルス感染拡大に関するロシアの対応
◎2021年1〜9月のロシアのブランド別乗用車販売台数
◎ヴォロジン・ロシア下院議長再任
◎「第2回中央アジア・バーチャルEXPO(CAVEX II)」参加企業募集のご案内
◎ROTOBO月例報告会「欧州グリーンディールの始動とロシアへのインパクト」のご案内
◎国交省がロシア木造住宅市場調査
◎北海道バイオ工業会がロシアバイオ団体と連携
◎在NYベラルーシ総領事館閉鎖
◎シベリアの大統領全権代表が任命される
◎チャーター事業でサハリンから稚内に入港
◎プーチン大統領が「2060年脱炭素」表明